しばらく更新をサボってましたが、
寒さと戦いながらも、ウクレレ製作は着々と進行しておりました。
 
ネックとボディができたので、細かい作業に入っていきます。
ブリッジ製作です。

サドルが収まる溝などをを主にノコギリ・彫刻刀・ヤスリを使って彫っていきました。
ウクレレブリッジ製作

弦を通す穴を2mmのドリルで。
ウクレレブリッジ製作
クラシックギター方式の弦の張り方になるブリッジです。

材質はヤマザクラにしましたが、ブリッジに使う材としては
軟らかすぎるか……。

ボディへのブリッジ接着。
圧着するために、竹ひごのしなりを利用します。
古式ゆかしいやりかた。そして自己満足。
ウクレレブリッジ製作
ナットからの距離をきっちり382mmになるように慎重に慎重に
位置あわせしました。